ZIN-SIL Official Web Site

バイオグラフィー

-

喜昭 (Vocal)

MIRAI (Drum)

慎吾 (Bass)

敦雄 (Guitar)

HISTORY

2011

1月 日本インターネット新聞株式会社「JanJanBlog」に新曲「親父」の記事が掲載。
2月 『a piece of peace』 朝日新聞に掲載。
3月 東北地方太平洋沖地震【親父募金】開始。
4月 リアルライブ「エンタメ」に親父募金の記事掲載。
6月 「a piece of peace5」韓国公演。
5月 日刊スポーツにて「a piece of peace5+親父募金」を紹介して頂きました。
9月 UFPFF 国際平和映像祭2011に出演 横浜BLITZ。
10月 「a piece of peace5」日本公演( 原宿アストロホール)
11月 山元町イチゴ農園復興支援ソング映像配信。

2010

1月 韓国にて、弘大ROLLING HALL15周年ライブに唯一の日本人バンドとして参加。YB(ユンドヒョンバンド)、NO BRAIN等と共演。
5月 原宿アストロホールにおいて、日韓バンドを招いたイベント、「NEXTASIA-ネクスタジア- vol.1」企画開催。
5月 全国放送TV JCOMチャンネル『つながるセブン』に出演。
8月 韓国『ローリングホール』LIVE。
9月 雑誌『POPEYE』にZIN-SILの記事掲載。
10月 ZIN-SIL 初のPV「親父」公開
11月 原宿アストロホールにて『a piece of peace 4』を企画・演出・出演。“つながる”をテーマに、映像とライブ音楽を融合させた。(寄付金委託先:ネパール大使館)、(朝日新聞他、各メディアにて特集記事掲載)
※2011年2月には、『a piece of peace 4』の収益金をネパールの孤児院に直接届けるツアーを実施することに!!(協力:風の旅行社)

2009

1月 『WEB多事総論』1コーナーの企画責任、および運営スタッフに抜擢される。
4月 ドキュメンタリー番組「進新人類(代表:平尾喜昭)」スタート!朝日新聞などから取材を受ける。
5月 原宿アストロホール9周年企画に出演。共演は、元黒夢の人時、BUCK-TICKの横山等で結成された 「Dummy’s Corporation」。TV主題歌、DU PUMPや堂本光一さんのバックバンドとしても著名な「Venomstrip」。
8月 弘大ROLLING HALLにて、韓国初ライブ。共演は、Trans Fixion、GUYZなど。弘大ROLLING HALLが韓国スポンサーに決定。
9月 ヤマハ株式会社主催『Tokyo Band Summit』、準決勝に進出。
10月 原宿アストロホールにて『a piece of peace 3』を企画・演出・出演。“最後の世代から次の世代”をテーマに、映像とライブ音楽を融合させた。映像担当は「谷戸靖也」。共演は「七尾旅人」「中尾諭介(In the soup)」。なお、当日の収益は全て少年兵の社会復帰金に充てられた。(寄付金委託先:テラ・ルネッサンス)朝日新聞にて特集記事掲載。

2008

8月 一年近い活動休止の後、ZIN-SIL復活LIVE『with a splash』(企画、出演、ZIN-SIL)。 共演は「カネコ」、「アカツキ」の3バンドで行う。
12月 原宿アストロホールにて『a piece of peace 2』を企画・演出・出演し、 “戦争”をテーマに、演劇と映像、ライブ音楽を融合させた。演劇担当は劇団「spacenoid」。映像担当は「hico」。共演は「FROGMAN」「通事誠」「seagulloop」。なお、当日の収益は全て地雷撤去に充てられた。 (寄付金委託先:JMAS)

2007

1月 ZIN-SIL結成
3月 初ライブ『First drop in Asia』を渋谷DESEOにて企画・出演。
9月 第一回目となるZIN-SILのイベント『a piece of peace』を渋谷BOXXにて企画・演出・出演。当日の収益は全てネパールの小学校建築費用に充てられた。(寄付金委託先:IVUSA)
“自分自身の平和”をテーマに、演劇と映像、ライブ音楽を融合させた。